イメージ画像

薬剤師求人の基礎知識│正社員のメリット・デメリット

薬剤師の国家資格があれば正社員で仕事もできますしパートや派遣社員として仕事ができます。ここでは、薬剤師が正社員になる場合のメリットとデメリットを解説しましょう。

正社員の場合は、薬剤師は売り手市場になっていますから勤務先は簡単に見つけることができるでしょう。今の勤務先が気に入らなくて退職しても、明日求人サイトなどを見て応募したら「すぐに来て欲しい」というほどです。需要と供給があまりにも乖離しているからこういったことになっています。薬科大学6年制になったので多少は薬剤師不足が解消されるとは思います。

簡単に正社員になれるけれども簡単に退職もできる状況にあります。働く側からみればメリットですが、雇い主から見るとデメリットです。正社員で仕事をするデメリットは<小さい薬局が多い>ことです。全国チェーン展開している薬局はすごく少数です。そういった大企業に入っても全国各地への転勤は頻繁にあります。そして新卒採用が中心になっていることです。

途中入社で全国チェーンの薬局に入るのは問題ないです。求人も多数ありますが、やっぱり全国転勤が嫌な薬剤師が多いのが現実でしょう。結婚して家庭があればなおさら難しくなります。そこで、どの薬剤師も地元の薬局に就職しようとします。しかし地元の薬局は小規模で有限会社組織が多いです。株式会社であっても実際は経営者がワンマンであることも多いです。

「残業代のトラブル」「面接のときの条件と違う労働条件を強いられる」――こういった話は良く聞きます。一番安全なのは紹介予定派遣で仕事をして、気に入った職場ならば正社員になるかどうか決める方法でしょう。

次に薬剤師が正社員になった場合、薬局やドラッグストアでは幾らぐらいの年収になるのかを説明します。調剤薬局で正社員で仕事をしている人たちの年収は400万円から500万円の間が相場です。給与面でみたらパートとあまり変わりません(パートでも時給相場は2000円ですから)。ボーナスがあるから正社員の方が高くなっているのです。

新卒でもそのレベルの年収を貰えますが、これが20年以上努めても同じ程度の年収です。昇給がないと考えていいでしょう。二十歳代の女性にとったら周囲の同世代の人を比較すると高給だと思います。

薬剤師が仕事の不満を感じる理由と転職する場合の年齢

薬剤師はとても転職率が高い仕事です。ひとつには売り手市場であるということがあるでしょう。薬局・病院・ドラッグストア・医薬品卸業・製薬会社・化粧品会社……薬剤師を求めている場所は多数あるからです。薬科大学6年制になりましたが、まだまだ薬剤師不足は解消されていません。

ここでは、薬剤師が仕事の不満を感じる理由と転職する場合の年齢について考えてみましょう。まずは薬剤師が仕事の不満を感じて転職を考えてしまう理由です。

1番目は「人間関係」です。薬剤師の職場は少人数であることが多いですし女性が多いという特徴があります。仲が良ければ休みの日は揃って遊びにいったりする職場も多いです。反面一度仲違いすると厄介なのです。中々関係を修復するのは簡単にはいきません。これが薬剤師が転職する理由のナンバーワンであるのは間違いないです。

2番目は「給料があがらないこと」です。薬局勤務の場合は、ひとりの薬剤師ができる処方箋の数が決められています。新卒でもベテランでも同じ数の処方箋です。どれだけ頑張って仕事をしても処方箋の数が決まっているのですから、ある意味「所得制限がある」と考えられます。

では、こういった不満で転職する場合の年齢についてはどうでしょうか? 年齢によって転職が有利とか不利とかがあるのでしょうか? 基本的に薬剤師国家資格があれば年齢に関係なく転職はできるでしょう。

けれども50歳代とか60歳代とかになると転職は厳しいでしょう。20歳から30歳ならば男性でも女性でも採用に問題はないと考えられます。女性ならば40歳代でも大丈夫と思いますが男性は40歳以上なら給料の要求金額が支払えないので年収アップの転職は期待できないと思います。

50歳代でもずっと仕事をしていての転職ならばいいでしょうが、ブランクが10年とかだと薬そのものが全然違っているのでついていけないでしょう。それとインターネットやパソコンが使えなければ薬剤師の仕事はできません。インターネットの閲覧とメールのやり取りができれば充分で深い知識は不要です。

このページの先頭へ