イメージ画像

薬剤師求人~薬剤師の就職は今後どうなる?~

これまで薬剤師というと、就職先に困らないというイメージが 大きかったと思います。でもこの状況はこれから先も続くものなのでしょうか? 日本は長い間にわたって不況が続いていますし、人口が減っているなどの 変化もあります。 大学を出た新卒者でもなかなか就職先が決まらないという昨今、 薬剤師だけがいつまでも勝ち組だとは言えなくなるかもしれません。

少し前までは、いろいろな事情で薬剤師の不足が叫ばれていました。 医薬分業が進み、これまで病院内にあった薬局がなくなり、 外の薬局で薬を処方する方式に変わった所が多くあります。 またドラッグストアの出店数が増え、薬を販売するために多くの 薬剤師が必要になったという状況もあります。

さらには薬学部が6年制になったことで、本来なら卒業して薬剤師になるはずが、 学び続けなければならない状況になりました。 このため、一時的ではありますが、やはり薬剤師不足となったのです。 現在では就職に困らない資格を得るために薬剤師の資格を習得する人も 増えています。

薬剤師を必要とする職場は数多くありますが、なかなか人材が見つからないので 高い給与でずっと募集している所もあります。 でもこの状況は、今後は少しずつ変わってくるかもしれないのです。 ドラッグストア等では薬剤師の他に、登録販売者でも薬の販売ができます。 登録販売者が販売できるのは一部の薬に限られますが、 どうしても薬剤師が集まらない場所では重宝されています。

また最近ではインターネットで扱える薬も増えてきましたし、 これから先もこの傾向は加速するかもしれません。 薬剤師がいなくても薬を販売できる場所が増えてくれば、 これから先は薬剤師の求人もひょっとしたら減少していくかもしれません。

こうした社会の動きはいつの時代もあるものですし、 その時代に生きている限り、柔軟に対応していかなければなりません。 現在は薬学系の大学を卒業すると、調剤薬局に就職する人が多いですが、 製薬会社等に勤務する人もいます。 薬剤師が活躍できる場はたくさんありますので、今後の世の中の流れも 頭に置いたうえで就職先を考えると良いでしょう。

薬剤師が転職するにあたって気を付けること

薬剤師の仕事は求人も多く、今の職場が気に入らなかったら すぐ転職すればいいやと考える人も多いかもしれません。 確かにすぐに次の職場は見つかるかもしれませんが、安易に 転職することは、やはりおすすめできません。 もちろん今の職場がどうしてもイヤで体調不良を 起こしているような状況でしたら、一刻も早く対処すべきだと思います。

でもそうでなければ、今の職場に居ながら状況を改善することはできないか 考えてみると良いでしょう。 例えば給与が不満であれば、上司に話しをしてみるのもいいと思います。 またサービス残業が恒常化していたり、休日が少ない等の不満も 上司に申し出れば改善するかもしれません。 人間関係に問題があっても、こちらの対応を変えればもしかしたら うまくいくことも考えられます。

現状を変える努力をしたうえで、それでも改善が見込めないなら、 それから転職を考えても遅くはないでしょう。 そうすれば、転職先の面接を受ける際に、これまでの経緯を 説明することができます。 今の職場で改善が見込めないので転職したということであれば、 安易に転職する人だと誤解される心配はないでしょう。

実際に転職することになったら、今度は良い職場を見つけられるように しっかりと転職活動をしましょう。 薬剤師の求人情報は新聞折込の求人広告等でも見つけることができますが、 それでは職場に関する細かい情報までつかむことはできません。

友人や先輩を通じて仕事先を紹介してもらうこともできますが、 知人の紹介というのはしがらみもありますので、難しいこともあります。 それよりも、薬剤師用の転職サービスを利用すると、 しがらみを気にせずに有益な情報を得ることができます。 こうしたサービスはいろいろありますので、一つだけでなく、 複数登録してみるのがおすすめです。

ハローワークを利用することもできますが、薬剤師向けの転職サービスの方が 業界の事情をよく分かったスタッフが対応してくれますし、条件の良い求人が多いのです。 また同じ求人でも転職サービスによって掲載されている給与が 異なることがあります。こうした事情もありますから、複数のサービスを見較べて、 より有利な転職をするようにしましょう。

このページの先頭へ