イメージ画像

クリニックの看護師として働く

クリニックで仕事をしたいと考えている看護師はたくさんいますが、仕事内容や特徴についてよく理解したうえで検討するようにしましょう。よく言われるのが、クリニックの医師には個性的な人が多いということです。

これは、結論から言ってしまえばあながち間違っているとも言えません。 というのも、クリニックというのは開業医がいる施設のことですよね。 開業医ということは、自ら独立してクリニックを営むほど、誇りや考えを持って医療の現場にあたっている人ということでもあります。 当然、癖の強い医師もいるでしょう。

しかし、クリニックは医師が個性的だから働きにくいと考えるのは間違いです。 医師にも様々な人がいるわけなので、自分とタイプが合う医師のいるクリニックに努めることができれば、かなり働きやすい環境を実現することができるはずです。

まずは、自分と相性がいい医師がいるクリニックを探してみてはどうでしょうか。 医師と相性が良くないと楽しく仕事ができませんよね。 病院の看護師として働く場合も、様々な医師と触れ合うことになるはずです。 たくさんの医師に合わせる必要がある大きな総合病院よりも、自分と相性の良い医師がいるクリニックを選択したほうが働きやすいと言えるでしょう。

自分にとって働きやすいクリニックを見つけるためには、転職支援サイトなどを活用するといいですね。 転職支援サイトを活用すれば、転職前からそのクリニックの雰囲気などを知ることができます。

クリニックで働くことのメリットとして言われるのが、それほど忙しくないため、残業もなく、働きやすいということです。 また、日勤のみという働き方が実現できるので、夜勤が合わなくて病院で働き続けるのが難しいという人からも選択されています。

逆にデメリットといえば、毎日同じことの繰り返しとなることが多いため、スキルアップができないということです。 メリットとデメリットを比較したうえで、自分に合っているかどうか考えてみましょう。

看護師から助産師になる

看護師という仕事は女性の仕事というイメージが強いかもしれませんが、この仕事は男性でも就くことができます。 力仕事はやはり男性のほうが頼りになるということもあり、積極的に男性の看護師を雇う職場も増えてきました。

男性でもなれる看護師とは違い、助産師の仕事は女性しか就くことができないと定められています。 これまで看護師として勤めてきたものの、新たなスキルを身に付けて上にいきたいと思っているのならば、助産師という仕事もおすすめです。

助産師の仕事といえば、主に女性が妊娠した際のサポートやアドバイス、分娩の介助、生まれてきた赤ちゃんのケアなどです。 出産を控えた妊婦さんはいろいろな悩みを抱えているということもあり、丁寧に悩みや質問を聞いてあげられる人でなければなりません。

また、細かい心境の変化などにも気を配り、妊婦さんが健康的に出産ができるように様々な面からサポートを行います。 出産が終わったらそれで全てが終わりというわけではなく、今度は生まれてきた赤ちゃんの健康管理や、出産をした女性のサポートも行うなど、仕事の内容は多岐にわたります。

出産に関わる様々な作業を担当することになりますが、医師とは違って帝王切開などを行うことはできません。 助産師が担当することができるのは正常分娩のみと決められているので、仮に帝王切開が必要になった場合には、産婦人科などに連絡をして搬送をする必要があります。

看護師として独立開業することは難しいですが、助産師になれば開業をすることも難しくありません。 ただ、助産師だけではできることが限られているため、ほとんどの助産師は病院に勤務するという形になります。

看護大学では助産師コースを設けているところも増えてきているので、そういったところに通って資格取得を目指してみてはどうでしょうか。 男性ではできない仕事ということに対して強いやりがいや使命感を感じている人も多いようです。 命の誕生に関われる仕事なので、そういった仕事に興味がある人にもおすすめです。

このページの先頭へ