イメージ画像

助産師の求人探し -夜勤専門で働く-

出産は女性にとって大きなイベントです。 陣痛が来て出産になるのですが、それはいつ始まるのかわかりません。 出産に関わる人達は24時間体制で対応にあたらなくてはなりません。
助産師求人サイトで助産師になろう!

安産であれば良いでしょうが難産の場合は数時間も出産にかかることも珍しくありません。 助産師業務は時間に関係なく臨機応変に対応しなければならなく早朝も深夜も休憩も関係なく仕事があります。 ここでは、夜勤専門で助産師の仕事をするという選択肢について考えてみましょう。

大規模病院であれば助産師も人数が足りているので夜間シフトに入れます。 そういった労働環境にあれば緊急時でも担当者がいるので安心できます。 ですが小規模な助産院で助産師の人数が不足しているならば緊急の場合でも誰かが対応しなければならないのです。

病院などの医療機関の場合は24時間体制を取っていますから産科の場合は夜勤勤務は必ずあります。 看護師以上に助産師の人数は不足していますから人員確保がとても難しいという現実があります。 注目されているのが夜勤専門の助産師です。

助産師資格を持ちながら現役を退いている潜在助産師が大勢います。 医療機関の場合は3交代や2交代でシフト勤務を採用していますが、助産師が不足していて勤務表すらできない状態です。 夜勤専門の助産師を常駐させたり、夜勤のみの派遣社員を雇ったりする方法をとっています。

潜在助産師はこういった仕事に就ける可能性がとても高いです。 夜勤専門の助産師の場合は日勤勤務とは真逆の生活になってしまいます。 けれども慣れてくると2交代や3交代勤務よりも身体が楽であると感じる人も多いです。

最近は24時間営業の店舗も多くなってきているので、コンビニエンスストアを代表的に女性でも深夜勤務をするのは当然の風潮になっています。 家庭環境によりますが夜の方が仕事にでやすい場合もあります。

助産師の夜勤手当は一回の勤務で30000円から40000円程度が一般的な相場です。 金銭的な条件は非常に有利ですから、逆に日勤勤務よりも夜勤勤務をして効率的に稼ぎたい女性もいます。 病院内に保育所を完備して夜勤専門の看護師や助産師が仕事をしやすい環境を整えたりする動きもでてきます。

毎日の夜勤は無理でも月に数回の夜勤のパートをするだけの求人もあります。 どこの医療機関でも助産師不足に悩まされているので多少の融通は通るのです。 アルバイトやパート勤務で助産師の仕事を探すならば夜勤専門の求人も多いので検討してみてはどうでしょうか?

助産師が助産所へ転職する場合の基礎知識

<助産所>は助産師が活躍できる分娩施設を指し、妊産婦や新生児に対する保健指導が行われたりします。 助産所で許可されているのは助産行為だけですから、医療行為をすることは認められていません。

出産までの診察は別の医療機関へ通院しなければなりません。 助産所は<出産することに特化している施設>と考えればわかりやすいです。 ここでは、助産師が助産所へ転職する場合の基礎知識をご紹介したいと思います。

助産所のことを助産院と言うケースもあります。 助産師国家資格があれば助産所を開業できますし、個人だけではなく法人でも助産所は開業できます。 申請をすれば入所施設をつくることも可能です。 許可が下りる前に妊産婦を入所させることは禁止されています。

近頃の傾向として助産所に転職希望する助産師が増えていることがあります。 助産師国家資格の有資格者でも助産行為に立ち会えないケースが多いからです。 折角の資格を最大限に活用したいと願う人達が転職先として助産所を選んでいます。

助産所は出産に特化した場所ですから間違いなく助産行為に携われます。 積極的に妊産婦への健康に配慮した助産師独自のアドバイスができるのです。 ベテランでキャリアが長い助産師が多く勤務しているようなイメージがあるでしょう。 助産所は新人の助産師は近寄りがたい印象もあります。

ですが助産師としてのキャリアアップを希望するならば消極的になってはいけません。 努力して獲得した知識であり助産師資格を活用できない勤務先で仕事をするのは納得がいかないのではありませんか? 助産師資格は獲得したからそれで終わりではないですし活用してこそ値打ちがでてくると思います。

助産師資格があれば看護師資格もあるので転職する場合にもとても有利です。 日本は現在少子化ですが、間違いなく新しい生命が誕生し続けています。 出産の場面には助産師が必ず立ち会っています。 助産師なしで出産はあり得ませんし、妊産婦はメンタル的にも不安定でケアする人が必要です。

出産のみならず助産師は心のケアもする立派な仕事だと思います。 出産は非常に緊迫した場面ですし、どんなことが起こるか予測もつきません。 ステップアップしたい助産師は助産所へ転職する選択肢もあるでしょう。

このページの先頭へ